● 「 全方位平和外交 」 憲法記念日は日本の元旦。 平和を目的にすれば、おのずと、平和への花路が照らされる。

おめでとうございます。 頂戴した祝い酒 、 「 龍力 」 ( たつりき ) は、...

» 続きを読む

● 『 永遠平和のために 』 イマヌエル・カント著 宇都宮芳明訳  岩波文庫 @460円 花路小三郎の読書

sun 中学二年の夏休み、偶然、古い文庫本を手に入れ、 「 これは何んな...

» 続きを読む

♪ 水泳へ 「 ウインターヒーロー 」 歩く 花路小三郎

.     sun ・・・ 温水プールへ 2017年2月3日  ...

» 続きを読む

♪ 「 ルシアの歌が聴こえる 」 唄って、気分最高! 花路小三郎

  note  one (A) ルシアを乗せてくクーペ  夜霧に...

» 続きを読む

♪ 「 ジュテーム 」 末永く唄ってください、上機嫌の花路小三郎

2017年、花路、最初のリリースは、 「 ジュテーム 」  脱自の歌、自由への歌...

» 続きを読む

● 「 著作者人格権 」 について語る 花路小三郎

いぜんとして、 「 著作者人格権 」 の実行が、その認識も含めて、おろそかになっ...

» 続きを読む

● 毎日、水泳。 乗りが良い 「2017年ー歌のプレゼント」 喜ぶ 花路小三郎

新年おめでとうございます。 年末にお贈りした 「 歌のプレゼント七つの作品 」 ...

» 続きを読む

♪ 始まりの連続ゼョ。 「 恋人行進曲 」 など、全七作品、レコーディング完了、喜び叫ぶ 花路小三郎

歌詞のない曲、 「 A song without a lyric 」 ということ...

» 続きを読む

♪ 「 樺太 偲べば 」 むせび泣く花路小三郎

私たちの存在は選択です。 自分自身を 「 偉大な者・高貴な者 」 として選ぶか、...

» 続きを読む

♪ 2017年-歌のプレゼント、楽曲決定! 意気込む花路小三郎

早いですな~ァ。 今年も、12月、すぐそこに。 今年は早いうちから、オラ、気が緩...

» 続きを読む

♪ 「 ああ、美術館・・・」花路小三郎

ルーブルでは、観客は手で、ミロのビーナスを触ってた。 日本では、縄張りの中を歩き...

» 続きを読む

♪ ソチの花  スケート音楽を組み立て、楽しむ花路小三郎

フィギャースケートNHK杯ー1999年、優勝したマリア・ブッテルスカヤさん。 イ...

» 続きを読む

♪ 「 雨の中のリーナ 」 泣きながら編曲をしている、花路小三郎

久しぶりです。 ずっと、長い文章を書いていました。 梅雨ですね…。 だからという...

» 続きを読む

● 花路小三郎は、「 感情は意識である 」 と言って笑った。

「 感情は意識である 」 人間から、感情(情熱)を省けば、いったいどうなるのでし...

» 続きを読む

♪ 「 新しいって、なに ? 」 "作詞の構造" 花路小三郎

笑ってください。 ≪ 作詞の構造 ≫ 「 対自とは、他者になる( 変身する )こ...

» 続きを読む

♪ 花の散歩道 - 花路小三郎

. 夏のころ、このあたりは人影が少なく、けど、花が咲き、時折、可愛い子たちとすれ...

» 続きを読む

「 オナラをして悪いか? 」 と、花路小三郎は言った。

. オナラをして悪いか ? 悪いわけがない。 「 クサァーッ、臭いなぁ ! 」 ...

» 続きを読む

「 2016年 - 歌のプレゼント 」 皆様に届いたようで、ほっとする花路小三郎

12月25日午前、皆さまへ、 「 2016年 - 歌のプレゼント 」 を、郵便で...

» 続きを読む

「 やっと逢えたね 愛しのマリー 」 フモール関係 上機嫌の花路小三郎

2015年12月18日。 いよいよ佳境??、 「 2016年-歌のプレゼント 」...

» 続きを読む

「 Wishing your love 有頂天 」 ダンス・だんす・ソング~花路小三郎

fish 踊りながら、唄う。 これって、楽しめる、これって、唄わんと、唄...

» 続きを読む

「 2020-東京パラリンピック、オリンピック・ソング 」 制作快調! 快活に笑う花路小三郎

note 「 2020-東京パラリンピック・オリンピック、テーマソング ...

» 続きを読む

「 あなたへの ラブソング 」  寛容 Tolérance  女性唱歌の歌、 花路も唄う…

静かなピアノ伴奏で…。 黒いロングドレス、または、真っ白なロングドレス…… 中年...

» 続きを読む

「 ギターいっぽん 世界旅 」  .旅は続くよ…花路小三郎

sun もちろん、軽快な歌。 皆が、手拍子。 いいね。 その事を志向して...

» 続きを読む

ど演歌 … 「 そぼ降る雨に 」 尺八の伴奏で唄う 泣いてしまった花路小三郎

ド演歌です。 青春のいちページじゃなくて、意志の継続なんです。 ずっと、ずっと、...

» 続きを読む

「 母への手紙 」 制作-邁進中です、Mustです、花路小三郎

note 「 母への手紙 」 一番 (A) 真っ赤なバラが咲いた  ベラ...

» 続きを読む

私は 「 客の客 」 です。 美しい日本国憲法 ( 前文を転載させていただきました)  客の客 - 花路小三郎

世間ではお正月ですなぁ~、お祝いですナァ~、よろしいですなぁ~。 訪問を受けたり...

» 続きを読む

「 2020-東京オリンピックの歌 」 早く聴きたいね、「 あかんたれやなぁー 」と、花路、苦笑する

東京オリンピック関係の重要事項が、撤回や疑惑を混じえながらも、まぁ、次々と決定し...

» 続きを読む

「 夏の尾瀬、ニッコウキスゲ、ちらほらと… 」 残念がる花路小三郎

今年も、夏の尾瀬へ。 たった二日間なのに、刺すように、日焼しました。 2015年...

» 続きを読む

世阿弥の「 秘すれば花 」 花路小三郎の概念砕き

.世阿弥は、 「 秘すれば花 」 と言っています。 ( 以下は、花路小三郎の、難...

» 続きを読む

加野厚志さんの 「 龍馬慕情 」 花路、新幹線の中で読書。

以前から坂本龍馬に興味があり、あれこれ読んでいるが、やはり、 「 加野厚志 」 ...

» 続きを読む

「 京都、暑かったわ 」 と、花路、ぼやく

ふたたび、神戸、宝塚、京都。 三泊四日。 いゃーあ、暑かったわ。 ひと月前も、陽...

» 続きを読む

「 サングラスをかけて、両親の菩提寺へ 」 ジワリと感じる花路小三郎

神戸は三宮、センター街通りを、久しぶりに歩いた。 繁華だ、ネ。 二十年ぶり、かな...

» 続きを読む

著作権について - 不平等契約 - 荒ぶる血潮、花路小三郎

「 著作者人格権 」 の実行が、その機能、効果、結果において、おろそかになってい...

» 続きを読む

山本 圭さんの映画 「若者たち」 YouTube  花路小三郎は泣きました

若いころ、 「 カッコいいなぁー 」 と、強く憧れた俳優は、 「 山本 圭 」 ...

» 続きを読む

「 泳げなくても、プールは楽しい 」 花路小三郎

温水プールで戯れる、花路小三郎。 クロール、背泳、平泳ぎ、すい~すい~とは泳げな...

» 続きを読む

「 2015年 花路小三郎 歌のプレゼント 」

皆様へ、オラの、 「 突破CD 」 お届けできたようで、ならば、せめて、ジャケッ...

» 続きを読む

発送する! 「 2015年 歌のプレゼント 」 花路小三郎  ああ、人生七つ坂

本日、 12月22日(月曜)、 「 2015年 歌のプレゼント 」 を、発送。 ...

» 続きを読む

花路小三郎の ≪ 2015年 歌のプレゼント ≫ 作品、決定するッ!

皆々さま、お待たせしました。 花路小三郎の、 ≪ 2015年 歌のプレゼント ≫...

» 続きを読む

トマト、メロン、リンゴ、花路小三郎が唄う 「 農業演歌 」 Must!です。

「 東京暮らしになれたかい? 」 は、花路小三郎が唄う、 「 農業演歌 」 で、...

» 続きを読む

薔薇 ばら 花路小三郎のバラ 「 ばら血団 」

. 花路小三郎、少年のころ、母親から、神戸の、 「 バラ血団 」 の話を聴いたこ...

» 続きを読む

ホロ酔い散歩 ♪ 花路小三郎の ≪ 人生七つ坂 ≫ Mustです !

「 人生七つ坂 」 は、 「 歌のプレゼント 」 の初段を飾るラブ・ソングです。...

» 続きを読む

花路小三郎の ≪ 著作者人格権 ≫ 音楽

「 著作者人格権 」 の実行が、その認識も含めて、おろそかになっている。 その現...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 2020-東京五輪テーマ曲。 素晴らしく魅力的な歌 」 ができるらしい !

各テレビ放送会社、レコード会社の皆様、そろそろ、 「 2020-東京五輪テーマ曲...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 当麻寺 」

「 当麻寺 」 作詞 作曲 編曲  当麻寺 表参道ひらひら雪も 寺じゃ二上山の ...

» 続きを読む

ビリュニスのオペラ劇場にて、花路小三郎・③ さすらいの偽ピアニスト、スキンヘッド

. リトアニアの首都ビリュニスのオペラ劇場は、リーガのそれと比べると三倍ほどの料...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 昼寝の間に Must です!」 後、わずか…。

昼寝の間に、十月も半ば。 そろそろ、年末恒例の、 「 2015年 歌のプレゼント...

» 続きを読む

花路小三郎の ≪ 偽装聖戦 ぎそうせいせん ≫

そもそも、 「 聖戦 」 など、" ありゃせん " のです。...

» 続きを読む

① さすらいの偽ピアニスト、花路小三郎、ワルシャワのショパンの前で

. ワルシャワの新世界通り。 何とかという教会の中。 あたりはうす暗く、人々の姿...

» 続きを読む

夏休み、中学、高校の諸君へ  !   .花路の 『 龍馬・剛毅ぶし 』 坂本龍馬さん

暑いね、元気してる? オラ、歌を組み立て、CDにした、カラオケも、ね。 『 龍馬...

» 続きを読む

① 誰かと似ている。花路小三郎、ベルギーからパリへの車中にて

. ベルギーからパリへ戻る車中。 各駅停車だったので、乗り合わせた客と、あれこれ...

» 続きを読む

盗用アップ、退却する。 奴ら、逃げ足速い、けど、可愛げ、あるゼョ

「 尾瀬の歌 」 の盗用不法アップに対して、そのYouTube画面上のコメント欄...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 瑠璃江 午後六時十五分 」

. 時刻を起点にした作品は多い。 映画では、根上淳氏主演の、 「忘れじの午後八時...

» 続きを読む

≪ 花路賞の規約 ≫ 第1回花路賞-2014年6月公表 花路小三郎

≪ 花路小三郎賞 規約・概要 ・ 第1回花路賞-2014年6月公表  ≫ 根拠 ...

» 続きを読む

夢のメモリー あの街、バス、民宿、花路小三郎

今日、昼寝で見た夢は、たまに見ている夢と同じようで実は違う、差異あふれる、あの街...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 ○○○○○特急 」 快調に走ってまっせ。

. ♪ 異国の風に吹かれて 君を探したよ やっと見つけたウィーンの 小さなホテル...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 オラひとりじゃねえ、君がいる 」 茅ヶ崎 銀河の恋人  

ほんまに、喜んどります。 雄らちにとって、新機軸。 よくできている。 「オラひと...

» 続きを読む

「 古事記傳 」 面白い、ネ。 花路小三郎

宣長さんの、 「 古事記傳 1-8 」 より抜粋。  <所> 「 生む 」 を ...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 2014年 歌のプレゼント 」 ああ、わが家族の人々よ! 戸籍謄本よ !

ずいぶん長い間ご無沙汰です。 おかげて、IDもパスワードも失念、それどころか、こ...

» 続きを読む

徹夜した。花路小三郎は、思い出した、震災を

. 久しぶりに、徹夜をした。 今は午前十時、計算では、28時間ほど目を覚ましてい...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 自然の島 未来の島 2012年/春 」 こんな大衆歌、あったかしらん? 制作快調

. 快調どころか、もうできている、昨年の2012年春のころに、ネ、これまで、少し...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 地球の子 ロックンロール 」

.

» 続きを読む

書中 ( 暑中 ) 見舞い  2013年7月  「 リーガのジャパニーズ 」

. 炎天下の真昼、5キロほどを歩いている。 七月に入ってからはほぼ毎日、目白通り...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 ビリュニスの日本大使館にて、腹を立てずに戻ってきたよ 」 ④ 誰かと似ている

. ガイドブックを見ながら、ビリュニスの街中にあるらしい日本大使館へ行く。 写真...

» 続きを読む

花路小三郎の 「 ③ 誰かと似ている。マドリにて、ああ、少年よ、少年よ 」

. マドリのソル広場で、少年の行為を止めた。 彼はバッグを胸に抱いて、走ろうとし...

» 続きを読む

恋は大門舞台 通りゃんせ 

. 背景を、ソメイヨシノに変えました。 今日一月三十日の陽気は、昨日から引き続き...

» 続きを読む

タリンのピアノ ② さすらいの偽ピアニスト、俗っぽいだろう !

. 一か月もピアノから離れていると、欠除感と欲求不満が重なり、もやもやする。 そ...

» 続きを読む

花路小三郎も右足に鈍痛。 「五木寛之氏の、ながされゆく日々」 (日刊ゲンダイ)

. 昨夕、日刊ゲンダイを買って、久しぶりに、 「五木寛之氏の、ながされゆく日々」...

» 続きを読む

② 誰かと似ている。音楽事務所にて

. 渋谷をブラブラ散歩の途中、偶然、ある音楽事務所の看板を発見。 少し迷ったが、...

» 続きを読む

あの人のおかげ。神戸の街で  

. 神戸の山手通りの浜側。 ぼくが二十歳のころ、その街角に、 <再会>...

» 続きを読む

母入院、銭湯、懐かしい人 

. 母が神戸の病院に入院しているころ、乳離れできないぼくは、毎日、仕事が終わると...

» 続きを読む

詐病 「パタンコ待ち」 45年ほど前の 「文学界」 

. うろ覚えだか、たしか45年ほど前だったか、文芸雑誌「文学界」に掲載された、 ...

» 続きを読む

「鳴海仙吉」伊藤整・著 . 「上海」横光利一・著

. 先日、横光利一さんの「上海」の冒頭会話部分、記憶に頼って書きましたが、間違っ...

» 続きを読む

紅葉、黄葉、観に行こうよう 「久保正彦写真展」

. ご無沙汰です。 毎日、文章は多量に書いていますが、このブログ更新は後回し。 ...

» 続きを読む

遊びをせんとや生れけむ …… ウーン、ルーデンス !

. 遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけん 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえ...

» 続きを読む

雪道で35円の缶コーヒーを飲む

. 2012年1月24日真昼。  赤坂郵便局前から、雪を被る東宮御所を背景に、1...

» 続きを読む

奥山淳志・写真展 「彼の生活」 凄い!

. 奥山淳志さんの写真展があると聴き、銀座へ飛んで行った。 前から噂に聞いていた...

» 続きを読む

早朝 - パンと牛乳

. 早朝の空気の中、駅前の店へと歩く。 走る人、子犬、小学生たちの歓声、勤め人た...

» 続きを読む

「 ワルシャワの燕たち 」 五木寛之・著 …本物の孤独… 

. 五木寛之氏の秀作、¨ワルシャワの燕たち¨(集英社)の173ページに、美しいシ...

» 続きを読む