« 徹夜した。花路小三郎は、思い出した、震災を | トップページ | 「 古事記傳 」 面白い、ネ。 花路小三郎 »

花路小三郎の 「 2014年 歌のプレゼント 」 ああ、わが家族の人々よ! 戸籍謄本よ !

ずいぶん長い間ご無沙汰です。
おかげて、IDもパスワードも失念、それどころか、このブログの簡易な開け方も忘れてしまい、いささか当惑。
それもこれも、ある所要に手間取っていたわけで、このブログには手が回らなかった。
けど、歌はしっかりと組み立てていた、よ。

ある所要とは、戸籍謄本の取り寄せ。
現在の小生からさかのぼって、時は慶応の1866年、まさしく江戸時代の末期、小生の母方祖父の誕生まで、約150年間にわたるわが家族たちの戸籍を取り寄せた。
全部で十六通ほどに。
驚いた、よ。
あらゆる意味で激動の時代背景、そこでの戸籍ゆえ、きれめなく集めるのは、いやはや大変だった。
花路、戸籍読解に慣れていないし、古いのは文字が薄れ、達筆がゆえ読みにくい。

君ら、知ってる?
戸籍だけではなくて、
「改製原戸籍」
そして、
「除籍原本」
「除票」
「附票」
など、知ってるかい?

けど、けど、いい経験。
戸籍的大枠の書から、わが家族の歴史が見えるようで、小生のこれまでの家族経験、聞き及んでいる話、あれこれ想像するに、涙を流さずにはおれなかった。
わが傲慢不遜な性格も、これで少しは沈静化した、と、一時は思ったが、きっちりと回復、苦笑している。


「2014年 歌のプレゼント」
完成間近。
残るはプラ組み立てのみ。
どうやら、12月の二十日には、いや、予定変更、二十四日に配送できるだろう。

ラインアップも変更して、
① とわの命ふれたようで (雪のカルチェラタン)
② 龍馬の剛毅ぶし (京都)
③ 踊ろう瑠璃江 (東京スカイツリー)
④ ジュテーマ (真冬のウィーン)
⑤ そろそろ恋の実るころ (京都めぐり)
06, Instrumental 虹色のステップ
07, Instrumental 花舞台
08, Instrumental 星祭り

以上の五つの歌作品と、三つの演奏作品。

皆様の少しの潤いになれば、と願う。
ご期待ください。


Cd

Cd2

.


« 徹夜した。花路小三郎は、思い出した、震災を | トップページ | 「 古事記傳 」 面白い、ネ。 花路小三郎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558768/58735212

この記事へのトラックバック一覧です: 花路小三郎の 「 2014年 歌のプレゼント 」 ああ、わが家族の人々よ! 戸籍謄本よ !:

« 徹夜した。花路小三郎は、思い出した、震災を | トップページ | 「 古事記傳 」 面白い、ネ。 花路小三郎 »