« 発送する! 「 2015年 歌のプレゼント 」 花路小三郎  ああ、人生七つ坂 | トップページ | 「 泳げなくても、プールは楽しい 」 花路小三郎 »

「 2015年 花路小三郎 歌のプレゼント 」

2015_4

皆様へ、オラの、
「 突破CD 」
お届けできたようで、ならば、せめて、ジャケットだけでも、ここに。

ウム…。
ジャケット表紙の文字、一か所、間違えてる … いゃあ … 何度もチエックをしたのじゃが…。
… オラ、いつもそうなんよ、必ずと言っていいほど、どこか、なにがしかは間違える。 
子供のころから、そうなんよ。

.
バスに乗って、オラはプラハへ向かった。
チェコは南部、音楽祭でほんの少しだけ賑わう古都ブルノから、高速道路を長距離バスは走る。
ウム…。
車窓から、とこまでも広がる早朝のポへミヤ。
清々しい解放感、この上ない。
「 この景色を見ないと、死ねない、ネ 」
そんな感じ。

プラハ国際バス停留所で降りるとき、
「 忘れ物はねえか? 」
と何度もチェック、座席の下まで隈なく点検。
「 いャ-、ひつこいワァー 」
と、自分でもあきれ、笑うほどに。
「 これで大丈夫、忘れ物なし 」
花路小三郎、運転手へにっこり。
手を振って、それはもう機嫌良く、愛想良く、笑顔良く。
いよいよ、プラハへの三回目の第一歩、きょろきょろ、視線を這わせて…。

国際バス停留所は、お世辞にも美しいとは言えない。
舗道は狭くて、客があふれ、あたり、排気ガスで黒く汚れている。
地下鉄の駅と繋がっているのは便利だが…。
突然、背後で、男たちの声が沸き起こった、騒がしい声が…。
「 喧嘩 ? 」
花路小三郎、咄嗟にそう思い、厭だネーと、振り返らず、歩を進める。
けど、騒ぎは、並みの喧嘩じゃないようで…やっぱり、振り返った。
見ると、人々の向こうで、男たち三人ほどが、こちらに向かって声をあげ、大きく手を振っている。
何だって?
背の高い青年が、リュックを両手で持ち上げている。
「 ありゃ、オラのリュック ! 」
ヒエ―ッ !
オラは、オらは、彼らに向かって、全力で走った。
百メートルダッシュ、ゼョ。
バスの腹の物置に入れていた、オラの大切な大切な、リュック !

2015cdPhoto

« 発送する! 「 2015年 歌のプレゼント 」 花路小三郎  ああ、人生七つ坂 | トップページ | 「 泳げなくても、プールは楽しい 」 花路小三郎 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558768/60872237

この記事へのトラックバック一覧です: 「 2015年 花路小三郎 歌のプレゼント 」:

« 発送する! 「 2015年 歌のプレゼント 」 花路小三郎  ああ、人生七つ坂 | トップページ | 「 泳げなくても、プールは楽しい 」 花路小三郎 »